« 早くも向日葵と秋桜 | トップページ | 50年ぶりの麦秋体感 »

2009年6月15日 (月)

綾瀬川沿い蜜蜂の里

P6140015   愛犬の仲良し犬(ジャックラッセルテリア)訪ねて、綾瀬川沿いを南下すると養蜂箱が12箱設置されていました。昨年までは100箱あり、それが今春5~6箱だったのが倍増していました。

 ミツバチがいなくなったと聞いた時に、100箱が1/20にまでになり又わずか数ケ月で倍増と養蜂家が変動操作しているのかも知れません。 P6140016

 刺されたくないから、望遠で覗くと蜂の出入が確認できます。

 先日訪ねた知人グループ「見沼蜜蜂の里」に較べて、蜂の出入が少ないのは夕刻だからかも・・・。仲良し犬は、いつのまにか近寄って挨拶交わしているようだった。P6140022 P6140021 P6140023

 お腹を見せてじゃれ合っている微笑ましい光景は、いつも10分くらいは続きます。同じオス犬同士でも、トテモ仲がよい。

 この仲良し犬は、小葱の水耕栽培温室工場主が蓮田市から連れてきている。賢い犬で放し飼いでも、工場から50mくらい離れると帰還するお利口犬なのです。

 帰り道で1歳だと言うジャックラッセルテリアの、メス犬に遭遇しました。P6140032 P6140031 こんな犬種に2度も遇うのは、初めてで何故か相性もよく飼い主ご夫妻に先刻デジカメ画像見せたら喜びました。

 つい最近ですが、昨年の自治会役員仲間宅でもジャックラッセルテリアの3ヶ月の仔犬を飼い始めた。

 人なつこい可愛い犬です。流行っているのだろうか?

|

« 早くも向日葵と秋桜 | トップページ | 50年ぶりの麦秋体感 »

わんわんパトロール記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬川沿い蜜蜂の里:

« 早くも向日葵と秋桜 | トップページ | 50年ぶりの麦秋体感 »